アキュテイン通販|服用には注意が必要?副作用について

難治性(重度)ニキビ治療薬の代名詞、アキュテイン。
そんなアキュテイン、アメリカでは胎児などへの悪影響を懸念し、ネット購入や輸入を控えるように注意喚起されているお薬
です。

どんな医療用医薬品も、効果がある半面、副作用が心配されます。
以下にアキュテインを服用する時に気をつけたい注意点をまとめてみました!

アキュテイン通販|何があっても自己責任!

考えているスーツ姿の男性
ニキビ治療薬の代名詞、アキュテインが通販できます!
個人輸入を代行する個人輸入代行を使うことで、スマホ1つで簡単に購入♪

しかし個人輸入では、何があっても自己責任なのをご存知ですか?
遅延や誤送はもちろん、服用した際の健康被害も全てが自己責任なんです。

そのため、服用前にしっかりと副作用を知ることは大切なんです。

妊活中の女性は服用禁止!

イソトレチノインは肝機能へ負担がかかるお薬です。そのため、妊活中の女性への服用は禁止されています。また現在、妊娠中である、妊娠の可能性がある、母乳を上げている女性も同様に内服することはできません。

肝機能と胎児への影響は一見すると、無関係のように感じますが、ナゼ禁止されているのでしょうか。それは、肝機能で解毒されなかった毒が胎児へと流れ、その影響から奇形や死産といった深刻な副作用がでる可能性があるためです。

アメリカではすでに輸入ができない?

米国では、胎児への影響を懸念してネット購入や輸入で入手しないように注意喚起が出ています。服用をはじめて妊娠が発覚した場合、死産はさけれても体や脳内などの奇形で生まれるおそれがあるためです。

服用すると精神疾患の可能性もある!?

イソトレチノインを使用すると、うつや自傷行為など、何らかの精神疾患を患う可能性があるといわれています。しかし、実際は重度のニキビがあるだけでコンプレックスが多く、精神負担が通常よりもかかっているため、うつ病を発しやすいともいわれています。

今までに精神的疾患を診断されたことがある方は、服用前に一度医師に相談してもよさそうです。

そのほかの副作用について

その他の副作用は以下のとおりです。

・頭痛
・不眠
・倦怠感
・めまい
・吐き気
・嘔吐

などが挙げられます。

効いている証拠!好転反応に気をつけよう

アキュテインを服用しはじめて、数日で効果を実感するでしょう。しかし、その後好転反応と呼ばれる、ニキビが悪化するケースも報告されています。症状は1~2週間程度でおさまることがほとんどですが、悪化したからといきなり中止してしまうと、治療は進みません。個人差があるため、内服している全員の方に発生するわけではありませんが、ショックから服用をストップしないように頭に入れておきましょう。

また好転反応は、体にお薬が吸収されたというサインとも取れます。
短期間で症状がおさまらない場合は、医師の診断をうけましょう。

服用方法について

1日2回に分けて、水かぬるま湯で服用します。
通常は、体重1kgに対して0.5mg~2mgを内服することになっていますが、個人の症状や体重によって異なるため、不安な方は事前に医師へ相談してみましょう。

また、アキュテイン(イソトレチノイン)は4~6カ月を1クールとして考え、服用していきます。2クール目に入るときは1カ月以上空ける必要があります。

まとめ

アキュテインは、皮脂をおさえ根本的な肌質を整えてくれます。しかしその反面、強い副作用も報告されており、体のとくに肝臓部分に負担がかかるお薬です。
妊活を考えている、母乳をあげているなどのパートナーをお持ちの方は気をつけていきましょう。


PAGE TOP